DSC09187_edited.jpg

Mutsuko Kawamoto

Profile

 広島市出身在住のジャズ・ヴォーカリスト、ボイス・クリエイター。

 ジャズの伝統的なスウィングを大切にしながら、器楽的なコンテンポラリー・ボイスによる繊細な表現力にも定評がある。豊かな倍音を持ち味とし、心をほっとゆるませる穏やかな歌声で聴く人を優しく包み込む。声そのものを楽器として自由自在に奏で、音で会話するように歌うスタイルには、演奏者からの支持も厚い。

 詩吟の総師範だった祖父と、美空ひばりを敬愛する母の影響で幼少のころからマイクを離さなくなる。

小学校時代3年間をニューヨークで過ごす。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)軽音楽部でヴォーカルをはじめ、ニューヨーク短期留学をきっかけにジャズに傾倒。 学生時代から関西で活動を始める。

2008年、自身のリーダーバンドである『ムツカルテット』でCDデビュー。スタンダードや日本語楽曲を織り交ぜた懐かしくも新しいジャズは話題を呼び、完売した今もなお高い評価を得ている。2009年に長女を出産、音楽活動を休止。2010年に広島に拠点を移し、少しずつ活動再開。 2012年、日本を代表するジャズギタリスト竹田一彦トリオをバックに歌ったソロデビュー作『ライブ・アット・ミスターケリーズ』を発売。 2014年にはアメリカ・ニューオリンズのフレンチクオーターフェスティバルに出演。2015年には自身のレーベルからオリジナルメインのバンド「Noctiluca」のCD「Something Lost」を発売。同年「Hiroshima Jazz Vocal Ensemble」を結成し、日本ではまだ珍しいジャズ・クワイアのディレクターを務める。関西のジャズ誌「Way Out West」2015年10月号において「日本の未来を担う、日本のジャズヴォーカリストの一人」として紹介される。また、ジャズの他にブラジリアンやミュージカル、長唄にも挑戦し、ジャンルの枠にとらわれない歌手として活動の幅を広げている。2016年9月6日、25年ぶりのリーグ優勝直前のマツダスタジアムにてカープ対ドラゴンズ戦で国歌独唱。2021年、フィリップ・ストレンジ・トリオとレコーディングしたアルバム「Decade」発売する。

ヴォーカリストしての活動の他にも、エデュケーターとしても活発に動いており、2013年には「Muzic Jazz Singing」を開校。豊富な語学知識を活かしYouTubeにて発音動画を配信するなど、発音主体のレッスンやワークショップを展開。2015年、日本人初New York Vocal Coaching認定ヴォイス・トレーナーとなり、様々なジャンルに対応したレッスンも展開している。 2017年、英語発音指導士®に認定される。同年6月ノーステキサス大学にてジャズヴォーカルアンサンブル指導者セミナー参加。2017年秋よりNHKラジオ第1「ひろしまコイらじ」にて「英語で歌おう」コーナーを担当し、2019年度同番組の木曜パーソナリティー。2018年より広島文化学園大学非常勤講師。

 

Mutsuko Kawamoto was born in Hiroshima, Japan. Her grandfather, a survivor of the atomic bomb attack, was a master of shigin, a traditional way of reciting Chinese and Japanese poems in Japanese. When Mutsuko was six years old, her family moved to White Plains, New York, and remained there for three years before returning to Hiroshima. During that time she attended public school in White Plains and became a bilingual speaker.

 

At Osaka University she studied foreign languages and earned a degree in linguistics. During her university days, she started singing in a university club band. In 2002, during a short stay for English studies in New York City, she visited the Village Vanguard, and there she discovered jazz. This experience changed her life; she knew she wanted to be a jazz singer! With this new passion, she launched a new career in 2004, singing jazz in Osaka.

 

After four years of performing, practicing, and gaining experience, Mutsuko took another big step, releasing her first album, “muz. quartet,” including original Japanese material. The album's release in 2008 marked a milestone in her jazz singing career. In 2012 she released another album, “Live at Mister Kelly’s,” recorded with guitarist Kazuhiko Takeda’s talented trio, and was chosen “Best Female Vocalist of 2012” by the J-Jazz website.

 

Mutsuko returned to Hiroshima in 2010. In an effort to share and promote her passion for jazz, she organized several jazz festivals, performed frequently around her hometown and across Japan, formed a vocal jazz group, and opened a vocal studio in Hiroshima.

 

In 2014 Mutsuko appeared in the French Quarter Festival in New Orleans. She formed a band, Noctiluca, and released the live album “Something Lost” in 2015. In the same year, she was certified as a voice teacher by New York Vocal Coaching, and the Osaka-based jazz magazine Way Out West cited her as one of Japan’s rising jazz vocalists. In September of 2016, she sang the national anthem at a Hiroshima Carp baseball game, shortly before they won their league championship. Her fourth album, “Decade,” was released via crowdfunding in 2021, celebrating her ten years back in Hiroshima.

 

In addition to her singing career, Mutsuko does voice training, teaches English pronunciation, and teaches private voice classes and a jazz vocal ensemble class at Hiroshima Bunka Gakuen University. Through years of practice and performance, Mutsuko has developed beautiful expression, natural pronunciation, great technique, and a sense of jazz.

Media

TV

  • 2015年12月 TSSテレビ新広島「みんなのニュース」出演

  • 2008年5月 NHK神戸「ニュース神戸発」出演

  • 2006年7月 NHK神戸「ニュース神戸発」出演

Radio

  • 2021年4月 広島エフエム「グッジョグ」ゲスト出演​

  • 2019年度NHK広島「ひろしまコイらじ」パーソナリティ

  • 2017年11月 NHK広島「ひろしまコイラジ」英語発音コーナーレギュラー

  • 2017年4月 NHK広島「ひろしまコイラジ」出演

  • 2016年10月 広島FM 5Colors出演

  • 2016年5月 FMはつかいち Dreamer Dreamer in Jazz出演

  • 2015年3月 FMちゅーピー イブニングストリーム出演

  • 2012年12月 広島FM ヒロシマウィメンズハーモニー出演

  • 2012年2月 神戸Kiss FM Tooth Tooth Soleil

Magazine

  • 2018年4月より Way Out West にて「Jazz de 恋バナ」連載開始。現在も継続。​

  • 2016年10月 Way Out West 10号(vol.91) 広島ジャズ特集掲載

  • 2015年10月 Way Out West 10号(vol.79) セシル・マクローリン・サルヴァント特集取材記事寄稿

  • 2015年2月 Way Out West 2月号(vol.71) Jazz Education Networkレポート記事寄稿

  • 2014年4月 Way Out West 4月号(vol.49) 春ジャズスタンダード特集記事寄稿

  • 2012年4月 Way Out West 4月号(vol.37) Gretchen Parlato特集インタビュー記事寄稿

  • 2012年1月 Way Out West 1月号(vol.34) CD「Live at Mister Kelly's」特集記事掲載

  • 2012年3月 ジャズライフ3月号 CDレビュー掲載

  • 2012年3月 ジャズ批評3月号 CDレビュー掲載

  • 2012年2月 Tower Records intoxicate 2月号 CDレビュー掲載

  • 2008年9月 Swing Journal10月号 ライブレポ・録音評掲載

  • 2008年8月 Swing Journal9月号 CDレビュー掲載

Web

  • 2016年5月 Jazz Vocal Alliance Japan インタビュー掲載

  • 2012年1月 Jazz Pageレビュー掲載

  • 2008年8月 Jazz Pageレビュー掲載

  • 2008年7月 KOBEjazz.jpインタビュー掲載

​Newspaper

  • 2016年5月 中国新聞フリーペーパー「CUE」掲載

  • 2013年3月 毎日新聞掲載

  • 2013年2月 産経リビング広島版掲載

  • 2012年1月 朝日新聞掲載

  • 2008年8月 神戸新聞掲載

  • 2008年2月 神戸新聞掲載

Other

  • 2017年2月 広報ひろしま「市民と市政」にて特集される​

  • 2009年2月 出久根達郎『古本供養』あとがき掲載

​印刷用プロフィール画像

クリックしてダウンロードしてご使用ください

1

ダウンロード
mutsu_jacket128.jpg
recoding 003.jpg

2

ダウンロード

3

ダウンロード
DSC09187.jpg